アクセス解析
レンタル掲示板
2020.02.25 Tuesday

二人展『天氣輪の柱』終わりました

 
昨日であじまちづこさんとの二人展『天氣輪の柱』は終了しました。

ノンカテゴリ空間が心地よい居場所だ。

陽光をいっぱいに浴び、
室内でありながらまったく閉塞感のない
ととら堂さんの一角に



壁にぴたっと張り付いて、壁板の隙間から外を眺める。
木の板の香りをかぎながら。 






ぽかぽかとした陽光の輝き。

体験型朗読会にお集まりの皆様とのうれしいご縁。
ことばではいい顕せないほどのあたたかさと素直さ。




朗読会が終わった後もお話がお話が尽きません。

心地よい微振動は続きます。




この場所に顕れた。

お越しくださいましたみなさまこころからありがとうございました。

またいつか。





心地よい振動はつづきます。
 
 
 
2020.02.22 Saturday

明日23日開催、参加型朗読会のおしらせです

 
ととら堂さんで開催中の二人展「天氣輪の柱」。
宮沢賢治のテーマのこの展示にちなんで、
明日は朗読会が開催されます。
声のリラックスワーク(縄文人の声を出してみる)
〜朗読体験〜ゲストのマルヤナナコさんの朗読と紡いでゆきます。



上写真は当日参加者にお渡しする入場券のデザイン(の一部)です*あじまちづこさん作*

14時からの昼の回、18時からの夜の回ともにまだお席がありますので
当日飛び込み参加も歓迎いたします*
 
尚、朗読会開演中は、参加者以外は展示室に入場できませんのでご了承ください。

14時〜15時くらいまで

18時〜20時くらいまで
が、
朗読会の時間帯と成りますので、
明日、展示のみご覧になりたい方は、上記以外の営業時間帯にお越し下さいね。

朗読会ご参加を希望される方は下記詳細をご覧の上、
majo_ceramica@yahoo.co.jp
までお申し込みは、当日、開演時間の10分前までに会場にお越しください*
夜の回は朗読の後、鍋をつついての雑談付きです♪
 
 
 
  
2020.02.22 Saturday

豊饒の循環 〜土の時間

 

ここ1年ほどの間にあまりに頻繁に不思議なことがおこり
大変分かりやすい符号のピースが何度も目の前に顕れて
そのピースたちが一つのビジョンを形どることで見えてきたものがあり、
もはや言語化が追い付かない状況になっています、、と
おぼえがきにも書いておりました。
 

 
人智では図れないタイミング。巡り合わせ。
偶然にしてはあまりにも出来過ぎている演出。

そのなかで自分が持っているツールを
いかに活かして生きることができるのか、ということを
これまで、気功や、歌(声)、調理をすること、
身につける衣類素材、
そして土などの日々の身近な日常から学んで来ました。
 


船は動きだし、歯車は回りだす。

天と地をむすぶ肉体がある限り
そしてその適切な使い方を学ぶことで、
自分の軸はどんなことがあっても全く揺るがずに
大自然のなかへ可視不可視を越えて
魂そのまま丸ごと飛び込んでゆく。根源の懐に還る幸せ。

それには全てのレベルを上げるということ、
別の言い方をすれば振動数を上げることだと気づき、
今後一切に於いてそうすると決めました。
 
 
昨日、土に触れるワークショップ「土の時間」が
食堂ぺいすさんの胎内の間でありました。
 
 

 

偶然というにはあまりにも素晴らしい方々のご参加で
本質的なやすらぎを共有できる時間と成りました。

この日のために会社をお休みされてまでお越しくださった方、
皆がびっくりするくらいの遠方からお越しくださった方、
自らの手が土を求めているのを感じてお越しくださった方、
沢山のお申し込みがあり、定員をオーバーしたのにもかかわらず
出来る限りのことはしますと、会場を工夫してくださり、
席を増設してくださった食堂ぺいすさんに感謝です。
沢山の人と幸せなひと時を共有することができました。

昨日の胎内の間とぺいすさんのあの空間で起こったすべてに感謝です。
 


土の時間が終わった後、
今回ご参加くださった方のお一人が
お家からご持参されたチェロで演奏してくださいました。
 


曲名は「讃美歌306番」。

このかたが、現在ととら堂さんでの展覧会にお越しくださって
お迎えくださった
絵皿「讃美歌306番 〜さそりの火」。
 

『この絵皿が今の私の支えになっています』とおっしゃってくださって
この日のために「讃美歌306番」をチェロで練習されてきたのだそう。。

チェロの生の音の深い響きに、
この日土の時間に参加されその場に居たみんなが
豊饒の循環に身をゆだね、あたたかな振動に包まれました。。

すべてがとても穏やかでとても丁寧な美しい胎内の間での一日でした。
 

 

昨日の土の時間の夢のような出来事を
親しい友人にお話したら、
『まほさんの仕事はこういうことなんだね』
と喜んでくれました。
 

そしてすべてのレベルを上げるというのはこういうことだと、
こういう世界に生きることだと、
そしてそれは個人レベルのことではなく
本当に心で関わるもの「すべて」のことなのだと
体感と実感をともなうすばらしい顕れでした。
 
 
すべてのレベルが振動数が上がり、こういう世界に生きていること、
感謝しかありません。

ありがとうございます*
 
  
 

  
2020.02.20 Thursday

スズメのおひなさま、本日20時より発売開始いたします。

 
スズメのおひなさま。
今年で5回目の開催となり、
2年ごとの制作販売ですので8年目となります。



今朝、
窯の蓋を開けてあまりのまばゆさ。
ラスター彩(虹彩)と純金彩が大変美しく顕れました。
焼成日前後の気温や湿度も大きく味方してくれました。

その時の土
その時の水
その時の熱
その時の風
その時の自然のすべての結びから唯一のものたちが生まれてきました。

雄雛雌雛ともに振ると陶鈴の音(ね)が鳴ります。

本日20時より、限られた数となりますが発売開始いたします。

スズメのおひなさまショップ
http://majoceramica.cart.fc2.com

うまく表示されない場合はこちらよりご覧下さい。(直接詳細画像のページに飛びます))

*

ご質問がありましたので追記です。
ひと月以内を目安に直接お会いする機会があるかたはお手渡し、その際の直接のお支払も可能です。
メールにてその旨お知らせください。
作品確保後はキャンセル出来ませんのでご注意ください。 

 
 

 

2020.02.20 Thursday

土の時間満席となりました。

 
明日開催の土の時間、これにて募集を締め切らせて頂きます*
今回で最後の開催という事もあり満席となりました。ありがとうございます。

きょうはこれより、明日の土の時間にお越しのみなさんの土の準備を致します。
すでにご参加の皆様にはお申込みいただいた際に
メールや
ぺいすさんを直接通して
個別にご参加の確定を承り、お返事差し上げております。

最後の土の時間と成ります明日、本当にたのしみにしています*




 

Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
MAJOへの仕事のご依頼
展覧会や販売、作品のお求めやお問合わせは まずはメールにてご連絡下さい。 majo_ceramica@yahoo.co.jp
Profile
MAJOプロフィール
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode